悪徳ブリーダーの見分け方

健康でカワイイ子猫と出会えますように...

ここでは、最近多くなってきている「悪徳ブリーダー」の特徴について解説していきます。

悪徳ブリーダーの特徴

悪徳ブリーダーには気をつけましょうスコティッシュフォールドの繁殖は、猫の中でもとくに難しいとされています。大きな特徴である「折れ耳」はとても人気があるのですが、折れ耳のスコティッシュフォールドだけが生まれるようにするのはNG。折れ耳同士を交配させれば、100%の確率で折れ耳の子猫が生まれますが、奇形が生まれる確率も高くなるからです。
奇形とは、足やしっぽが変形していたり、内臓や心臓の奇形。スコティッシュフォールドの繁殖は、必ず「折れ耳×立ち耳」で行うことが基本なんです。
しかし、生まれて1~2ヵ月ほどでは、外見を見て「奇形である」とはなかなか気づけないものです。悪徳ブリーダーはその奇形を隠すため、生まれて間もない子猫を販売したり、写真のみの通販などで奇形が分からないようにして販売しています。親猫の情報をきちんと開示してくれない、血統書をつけてくれないブリーダーから子猫を購入するのは避けた方が賢明です。

パピーミルブリーダーとは

パピーミルとは、犬猫の繁殖工場という意味。動物のことを考えずに利益だけで繁殖させ、ペットショップに卸す悪徳業者のことを言います。人気のある品種をいくつも取り扱い、メスは発情のたびに子猫を産まされます。
スコティッシュフォールドについては、折れ耳同士の繁殖が禁忌だということなどお構いなしです。
遺伝性疾患を持っている、奇形であることも知らんぷりで、生まれてすぐに親から引き離され、まとめてペットショップに卸されてしまうんです。ブリーディングの環境も劣悪なことが多く、不衛生なケージ、食事も適当で栄養失調などザラのようです。
正しい知識を持たずに、悪徳ペットショップやネット販売で動物を購入する人が絶えないから、こういう業者が存在し続けます。動物たちのためにも私たちがしっかり勉強し、購入先をきちんと見極めることが大切です。

素人ブリーダーにも要注意!

素人ブリーダーかどうか見極めましょう素人ブリーダーは、バックヤードブリーダーとも呼ばれます。何の知識もない素人が、お金欲しさに動物を繁殖させ販売しているのです。
正規のブリーダーではないため、低価格なのが特徴。卸先の多くは、どこにでもあるペットショップです。ペットショップで売られているほとんどの動物は、素人ブリーダーかパピーミルから運ばれているのです。素人繁殖なので、奇形や遺伝性疾患を抱えた動物も多数います。
血統書の発行などはしていないのが特徴だったのですが、最近では血統書を発行する素人ブリーダーもいるため、素人であるかどうかを判断するのは難しくなっています。安いからとネット販売などに手を出すより、しっかりとした知識を持ち、動物のことを第一に考えているブリーダーショップでの購入をおすすめします。

賢いスコティッシュフォールドブリーダーの選び方