血統の判別方法

健康でカワイイ子猫と出会えますように...

ここでは、スコティッシュフォールドを含む子猫の「血統書」の意義や重要性、親猫の情報、正しい交配で生まれたかどうかの判別方法をお教えします。

正しい交配をさせているか

交配の確認は忘れずに…?スコティッシュフォールドといえば風変りな折れ耳が特徴ですが、すべてが折れ耳になるわけではありません。
立ち耳のスコティッシュフォールドも存在します。それは何故でしょうか?実は、「折れ耳×折れ耳」を交配させると100%の確率で折れ耳が誕生するのですが、奇形が発生する確率も高まるのです。具体的には、しっぽや足の関節などの骨格異常、内臓疾患などが成長と共に現れます。スコティッシュフォールドの交配は、常に「折れ耳×立ち耳」であること、近親交配をしないことが鉄則です。
スコティッシュフォールドの繁殖は、他の種よりも大変難しいとされています。十分に交配の知識を持っているか、正しくブリーディングを行っているかどうかを、購入者は慎重に見極める必要があります。

猫の血統書とは

猫の血統書は、人間で言えば戸籍謄本のようなものでしょうか。血統猫が純血であることを証明するものです。
血統書には、「登録番号、猫の名前、猫種、毛色、生年月日、両親および祖先の系図、繁殖者、所有者」が記載されています。ブリーダーが血統書を発行している団体に申請することで手に入ります。
そのとき大切なのは、発行団体が活動実績のある所かどうか。よく調べるようにしてください。
血統書がついていなくても、猫が元気なら問題ないかもしれません。
しかし、スコティッシュフォールドは上述のように、交配が難しい品種となっています。営利目的での繁殖、簡単に繁殖させるため近親交配を行うなどのケースもあるため、きちんと血統書を発行してくれる所を選びましょう。

親猫の情報はとても大事!

親猫の情報の確認も忘れずに!気に入った猫ちゃんを見つけたら、親猫の情報についても聞いてみましょう。猫の性格は両親から引き継ぐところが大きいため、親猫を見れば子猫の性格もおおよそ予測できます。育っている環境を見たり、親猫や兄弟、人間とのかかわり合いの様子を見ることも、よい子猫を判別するポイントとなります。
ちなみに、小さいころから人間と触れ合っている方が、人間好きで人懐っこい猫に育つそうですよ。
さて、なかには「親猫の情報は分からない」「猫舎を見せることはできない」などと言う業者もあります。それらしい理由をつけてきますが、やっぱりそういうところは安心できない…と思ってしまうのは、私だけでしょうか?

賢いスコティッシュフォールドブリーダーの選び方