各種資格を持っているかどうか

健康でカワイイ子猫と出会えますように...

ここでは、ブリーダーの信頼基準として目安にして欲しい様々な資格の概要について説明していきます。

愛玩動物飼養管理士

どんな資格がいいんでしょうか?ブリーダーやペットショップなど、動物を扱う上で必要な資格は「動物取扱業」「動物取扱責任者」の登録。
ブリーダーショップやペットショップの情報を集めるときは、まずこの資格があるかどうかをチェックする必要があります。登録番号があるため、それが表示されているかどうかを確認しましょう。

さて、「愛玩動物飼養管理士」とは、(社)日本愛玩動物協会が認定する民間資格です。
「動物の愛護、管理に関する法律」「動物の体の仕組みや病気」などを専門的に学び、飼い主の悩み相談やアドバイスをします。必ず取得しなければならない資格ではありませんが、より動物や飼い主の力になりたい、知識を向上させたいと思っているブリーダーほど、この資格を取得しているようです。信頼できるショップを選ぶ際の、1つの目安になると思います。

ペット栄養士

ペット栄養士とは、ペットフードに関するエキスパート。ペットの食事に関わる知識や法令、いろいろな動物の食性などを学び、健康維持をサポートする職業です。
栄養学だけでなく、動物の体、病気、嗜好など、幅広い分野の知識が必要とされています。
これも民間の資格ですが、ペット業界で働く人(ブリーダーやトリマーなど)はもちろん、一般の人も「自分のペットのために」と取得しているようです。

動物看護師

人気のある資格って…?動物看護師とは、傷病動物の看護、獣医師の診察や手術の補佐、飼い主への保健衛生指導(しつけや健康管理)などを行う職業。動物の体の仕組み、病気やケガ、臨床検査技術など、動物を看護するために必要な知識・技術全般を学びます。これも国家資格ではなく、民間の資格となります。動物病院だけでなく、ペットショップや動物園などでも、幅広く活躍しています。
動物を看護するのに資格は要りませんが、こういった知識や技術を持っているブリーダーやショップだと、安心してペットを探せるのではないでしょうか。

賢いスコティッシュフォールドブリーダーの選び方