適切な食事と運動の与え方

健康でカワイイ子猫と出会えますように...

ここでは、スコティッシュフォールドの子猫に対して、適切な食事方法と食べさせてはいけない物、効果的な運動方法について紹介、解説していきます。

食事は基本的には普通のものでOK

食事の栄養はバランスよくスコティッシュフォールドの食事で、特別気を付けることはありません。普通に市販されているフードで十分だと思います。
ただ、健康な猫に育てるためには、必要な栄養(たんぱく質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラル)をバランスよく与えることが大事。最も栄養素が高いフードは、「総合栄養食」。いわゆるキャットフードです。AAFCO(全米飼料検査官教会)、ペットフード公正取引協議会が認めた商品にだけ「総合栄養食」と記されているので、選ぶときの目安にしましょう。
フードのタイプもいろいろありますが、猫の好みに合わせてOK。
ただ、ウェットタイプ(缶詰など)は栄養のバランスがイマイチなので、ドライの総合栄養食や半生タイプのソフトドライフードなどと併用すると良いでしょう。毎日同じものばかりだと、猫も飽きてしまいますからね。

猫に食べさせてはいけないもの

人間が食べているものを猫に食べさせる人がいますが、なるべくなら避けた方が賢明。猫と人間とでは、体のつくりも内臓機能も違います。猫に食べさせてはいけない食材もあるので、注意が必要です。

【ネギ類】
タマネギや長ネギなど、ネギ全般。含まれている成分が赤血球を破壊してしまいます。嘔吐や下痢、酷くなると肝臓肥大などを引き起こすことも。調理したものもNGですよ。

【甲殻類】
エビ、イカ、タコなどは、消化不良の原因に。ほとんど丸飲みになってしまうので、消化器官にかかる負担が相当なものになります。

【チョコレートやカフェインを含むもの】
チョコに含まれるテオブロミンという成分を、猫は代謝できません。中毒や心不全を起こす可能性があるため、絶対に与えないでください。テーブルの上にお菓子を置きっぱなしにして事故になる、というケースもありますので注意。

【塩分】
猫はほとんど塩分を必要としません。塩分を取っても、汗をかく場所が足の裏くらいしかないので体外に出せず、体内に蓄積してしまうのです。腎臓病や高血圧、心臓病の原因となるので気をつけましょう。

運動は遊び程度で

運動量は少なめスコティッシュフォールドは、運動量が少なめな猫。性格も穏やかなので、ハデに走り回ることも少ないです。
運動をさせるなら、猫用のオモチャなどを使って遊んであげましょう。よいコミュニケーションになりますし、その程度の運動でOKです。
家にスペースがあるなら、キャットタワーを置くのも1つの手。段差をジャンプしたりするだけでも、よい運動になります。寝場所や爪とぎも兼ねてくれるので、あると便利かもしれません。

 
賢いスコティッシュフォールドブリーダーの選び方