最初に揃えておく物

健康でカワイイ子猫と出会えますように...

ここでは、スコティッシュフォールドを含む子猫について、ペットフードの種類や使うと便利なトイレグッズ、爪切りなどのお手入れ道具などの便利なリストを掲載しています。

しつけに必要なグッズ

基本グッズは忘れずに初めて子猫を飼うときに、揃えておきたい基本グッズをご紹介します。
ブリーダーさんから教えていただいた必要最小限のグッズです。せめてこれくらいは揃えてから、子猫を迎えてあげましょう。

【食器類】
フード用とお水用の2つ用意します。
プラスチックやステンレスなど素材の違いはありますが、基本的にはどれでも構いません。
洗いやすいもの、安定性の良いものを選ぶと◎。お水は水道水でOKですが、カルキ臭い場合は猫が嫌がることもまれにあります。
その場合は、一度沸かして冷ましたり、浄水器を使いましょう。

【フード】
はじめは、ブリーダーの元で食べていたものと同じものを選びましょう。どんなフードを与えたらいいかは、ブリーダーにしっかり教えてもらうといいです。オススメの銘柄を聞いておくと、後々助かります。

【トイレ、トイレの砂】
トイレは大きくなった時のことを考えて、大きめを選びます。
砂はいろいろな種類がありますが、マンション住まいなら消臭効果の高いものがオススメ。
また、素材は木や紙の方が捨てやすいと思います。

【ベッドなど】
猫はちょっと狭くて、静かな場所を好みます。タオルや使い古しのフリースなどを置き、落ち着ける場所を作ってあげましょう。
猫用のベッドやケージは、なければないで大丈夫だと思います。

【お手入れ道具】
爪切りや爪とぎ、ブラシなど。
爪とぎは、子猫の頃から慣れさせておくといいです。市販の爪とぎか、古い絨毯などを用意してあげましょう。

子猫を家に迎えたら

性格を見極めましょうさて、猫が家にやってきたら、まずはしばらく様子を見ましょう。
ムリヤリ抱っこしたりするのはNGです。猫は新しい場所が安全だと思ったら、「地図作り」を始めます。部屋中のニオイを嗅ぎ、ゆっくりと探検を始めます。

部屋の探検が終わると、次は人間に興味がうつります(ここまではじっと我慢!)。近寄ってきて、目が合ったら、ニッコリ笑って名前を呼んであげてください。

すぐに馴染む子と、警戒心の強い子がいますが、次第に打ち解けていくはずです。すぐに懐かないからとイライラしたりすると、いつまでも信頼関係を築けないままなので、注意しましょう。

賢いスコティッシュフォールドブリーダーの選び方