代表的な特徴

健康でカワイイ子猫と出会えますように...

ここでは、スコティッシュフォールドの外見的特徴を説明していきます。
折れ耳や立ち耳、毛色の種類など、人気の品種について触れてきます。

スコティッシュフォールドの外見的特徴って?

折れた耳が特徴的外見の特徴といえば、やっぱりチョコンと折れた耳でしょう。鼻や目もまんまるで、口元や頬もふくよか。全体的に丸いので、ドラ○もんぽく見えることもあります(笑)。

さて、スコティッシュフォールドは折れ耳だけではありません。真っすぐな耳を持った、立ち耳もいます。実は、全体の70%が立ち耳の猫なんです。
パッと見はスコティッシュフォールドらしくないかもしれませんが、立ち耳もかなり可愛いです!熱烈な立ち耳ファンもいるくらい魅力的なんですよ。折れ耳より、ちょっとしっかり者に見える気がします、個人的な意見として。

毛は、短毛と長毛があり、どちらもビロードのような滑らかな手触り。弾力と厚みがあります。長毛だから手入れが大変、というワケではありません。毛の密度や質によって手入れの度合いも変わってきます。
どちらがいいかは、好みの問題ですね。

どんな種類の毛色があるの?

いろいろな毛色がありますスコティッシュフォールドは、すべての毛色が認められています。どんな毛色でも、模様でも、血筋がしっかりしていればスコティッシュフォールドなんです。人気のカラーをご紹介しますので、好みを探してみてくださいね。

【ダイリュートキャリコ】
グレー、クリーム、ホワイトの3色からなる三毛のことです。ダイリュート(毛の色を薄くする突然変異遺伝子)なので、普通の三毛よりも色が薄め。優しい色合いが人気です。

【シルバータビー】
アメリカンショートヘアーに似た縞模様です。毛の色や模様には濃い薄いがあり、薄い方が人気があります。スコティッシュフォールドのおっとりした性格には、薄い色の方が似合うからでしょうか。

かわいいくもりりしいですね【レッドタビー】
赤みを帯びた、明るい茶色の縞模様です。和猫では、「チャトラ」などと呼ばれています。濃い色は、元気でハツラツとしたイメージを抱かせる毛色で、立ち耳に人気が高いようです。薄い色のレッドタビーもいますよ。

【クリームタビー&ホワイト】
クリーム系の縞模様に、ホワイトが入っています。クリーム系は印象がやわらかく、人気が高い毛色です。

【トーティ】
ブチ模様のことです。模様の出方やカラーで印象が変わり、いろいろと個性が出ます。トーティシェルは細かいモザイクのような模様を指します。

賢いスコティッシュフォールドブリーダーの選び方