アメリカンショートヘアー

健康でカワイイ子猫と出会えますように...

ここでは、圧倒的な人気を誇る「アメリカンショートヘアー」の外見的特徴や性格、価格相場、飼う上で覚えておきたい生活習慣病についてお教えしていきます。

アメリカンショートヘアーの特徴

毛は短く、じゃっかん固めアメリカンショートヘアーは、もともと船のねずみや害虫を駆除するために選ばれた猫。ワーキング・キャット(働き猫)とも呼ばれ、凛々しい顔立ちに強靭なボディを持った活発な猫です。全体的に丸みは少なく、力強く角ばった口元が特徴。
しかし、目はまんまるで愛嬌があり、大きな耳やふっくらとした頬も魅力的です。
毛は短く、触るとやや硬い感じ。湿気や皮膚のケガを防ぐのに役立っています。価格は色柄によって変動。人気のある毛色や、模様の出方で値段が変わります。ペットショップで15万前後、ブリーダーで10万前後が相場です。

陽気で好奇心旺盛な性格

アメリカンという名のイメージ通り、陽気で好奇心旺盛な性格。何に対しても物怖じせず、とても勇敢です。ケンカっ早いイメージがありますが、性格はいたって温厚。人間好きで遊ぶのが大好き。子供や犬などとも仲良くでき、とても賢い猫です。運動量が多いため、遊び場の確保は必須。キャットタワーやキャットウォークがあると非常に喜びます。
人懐っこい性格ですが、ちょっと気ままなところがあり、抱っこや触られるのを嫌がる一面も。
しかし、そういう部分が「猫らしい!」と人気を集めているようです。

かかりやすい病気など

肥満には気をつけましょうアメリカンショートヘアーは、とても丈夫で病気になりにくいと言われています。気をつけるとすれば、それは「肥満」。よく動くので食べる量は多めでも構わないのですが、好きなだけあげていると体重オーバーになってしまいます。太り過ぎると手足の関節を傷めたり、糖尿病になったりするので要注意。おやつの量や回数にも気を配りましょう。
他にかかりやすい病気としては、脂漏性皮膚炎があります。何らかの原因で皮膚が異常増殖し、べとべとした皮膚になったり、フケの出る乾燥した皮膚になったりします。短毛なのでシャンプーの回数は少なくてOKですが、清潔は心がけることが必要です。小さなケガにも気をつけてください。ちなみに、アメリカンショートヘアーの平均寿命は10~15歳ほどと言われています。

賢いスコティッシュフォールドブリーダーの選び方