チンチラ

健康でカワイイ子猫と出会えますように...

ここでは、愛くるしい顔つきが特徴の「チンチラ」について、かかりやすい病気や毛の手入れ方法などのしつけの注意点について、説明していきます。

チンチラの特徴

フサフサが気持ち良さそうですね高貴なイメージで人気のあるペルシャ種、その中でも特に人気のある品種がチンチラです。長い毛が特徴的で、首周りの毛は特に長くてゴージャス。尻尾もフサフサです。目は黒いアイラインに縁取られ、大きな瞳はエメラルドグリーンに輝いています。ボディは肩幅が広く、短い胴体。首と脚は短め。眉間にくぼみがあり、鼻先の鼻鏡には黒い縁取りがあります。毛色は、ゴールデン、シェーデット、シルバーなど。毛が長いので、毎日のブラッシングは必須。毛玉ができないように気をつけます。価格相場は、ペットショップだと20万前後。ブリーダーで8万前後と幅があります。イメージが高貴なので、高値をつけやすいのかもしれませんね。

おっとりとして物静かな性格

おっとりした子が多いようです。物静かで大人しく、飼い主には従順。懐くのが早いので、飼いやすいとされています。
また、運動量やイタズラも少ないので、お世話の手間もかかりません。小さな子供のいる家や、お年寄りでも安心して飼えると思います。鳴き声も小さく、滅多に鳴きません。人間は好きですが、ひとりでもマイペースで生活します。
ただ、中には性格のキツイ猫もいるので注意が必要。子猫を選ぶときは写真だけでなく、抱っこして相性を確かめることが大切です。

かかりやすい病気など

目がしょぼしょぼチンチラは鼻が平坦であるため、涙を鼻に流す「鼻涙管」が圧迫され、目がしょぼしょぼしやすいです。放っておくと涙で鼻の皮膚がただれたりするケースもあるので、こまめに目の周りを綺麗にしてあげましょう。
また、チンチラをはじめとするペルシャ猫に多い「多発性嚢胞腎」という病気にも注意。これは、腎臓の内部にある「嚢胞」がいくつもできてしまう遺伝性疾患です。親猫がこの病気に罹患していると、子猫も発症すると言われています。症状に気づきにくい病気なのですが、わき腹が腫れてくるという特徴があります。

賢いスコティッシュフォールドブリーダーの選び方