マンチカン

健康でカワイイ子猫と出会えますように...

優しく可愛らしい姿で人気を集めているマンチカンについて、その特徴や気になる性格のことをお話しします。

マンチカンの特徴

アメリカ生まれのマンチカンは、1983年に発見された、人気種の猫です。

最大の特徴は、何といっても、その足の短さです。仰向けになって物をつかんでいる姿は、まるでラッコのよう。愛くるしい姿で、ブリーダーたちの心を掴んで離しません。

足が短いため、他の猫とちょっと違った、こっけいな歩き方を見ることができます。ちょこちょこと歩くその姿を眺めるだけで癒されるとか...。足の長さは、肩甲骨から12cm前後のところにあり、他の猫と比べても、非常に短いことがわかります。

優しくて好奇心旺盛な性格

愛くるしい行動や、その姿で癒されるマンチカンは、とても優しい性格です。猫を飼うのが初めてでも飼いやすいといわれています。

また、好奇心が旺盛なので、いつ見ても飽きないというのも、人気の秘訣のようです。家の色々な場所を探索しながら活発に動き回ります。

その反面で、飼い主には甘えん坊の一面があり、信頼を寄せている実感が得られて嬉しいという側面もあるようです。
一匹オオカミのようなイメージのある猫ですが、マンチカンを飼うことで、猫の可愛らしい甘えん坊の一面を垣間見ることができるでしょう。

かかりやすい病気など

マンチカンは、他の猫よりも足が短いため、ヘルニアなどの病気にかかる可能性は、通常より高めといえるでしょう。日常生活には支障はありませんが、足に負担をかけすぎないように、注意してあげることが大切です。

また、成猫を飼う場合には、比較的、体重の軽いマンチカンを選ぶことがポイントです。 足以外については、他の猫と同様なので、特別かかりやすい病気はなく、他の猫と同じように気を配ってあげれば心配ありません。

賢いスコティッシュフォールドブリーダーの選び方